航空券をネット予約する際に気を付けたいこと

格安の王道、早割チケット

ptyko006
航空会社のなかでは名が異なり、「旅割」や「先得」サービスとして売り出されています。搭注意点としては予定の変更はきかないということです。取消料やとりけし料が発生するので注意してください。

格安飛行機会社の利用

marbles
格安の飛行機会社を活用すれば航空券自体を安く済ませることができます。早割といったサービスがない代わりに常に安いので、予定が定まっていなければ格安飛行機会社を利用するようにします。ただし、こうした会社はオプション料金が細かく設定されています。それらのオプションを利用しないようにすれば格安のまま済ませられますが、サービスは当然ながら受けられません。空港での移動距離も長く、機内サービスも他の航空会社と違い最低限でいいという人向けです。

セールが行われるときも

lotus2
航空券のセールが行われるときは最もお得に購入できるチャンスです。必ず公式直販サイトをチェックしてください。不定期に実施され、イベントのときや新規就航のときにゲットできます。他にも、季節が変わるとき、ダイヤ改正のときにセールが行われています。新路線ができるときは記念セールが狙い目です。こうしたセールの航空券は早く売れ、販売期間も短いです。座席や路線も限られているので常にアンテナを高く張って必ずゲットしましょう。

株主優待券を利用する

sky02
航空会社の株を持ってれば、株主優待券を使って大幅な割引を受けることもできます。優待券をもらうには一定数の株式を保有する必要がありますが、会社によっては半額ほどの価格になるうえその特典は株主以外でも利用可能です。割引券を持っていれば誰でも利用できるようになっているからです。優待券が金券ショップに売られていることもあるのでチェックしてみましょう。この割引を使って購入した場合、いつでも安く航空券が手に入る上、変更も早割より融通が利きます。

比較サイトで検討してから購入

どこが一番安いのか比較することも大切です。最近は、一括比較できるサイトが次々と登場しています。一目でどこがよいのかわかればとても便利です。時間がないときでも各航空会社を調べなくても比較することができ、そのままネット予約もできる優れものなので、利用しない手はありません。早割サービスもここで確認することができます。もうこれ以上は安くならないと思わずに、本当にもっと安いものはないかどうかどうか見てください。

格安で国内航空券をネット購入するコツ

LCCのチケットを利用すると安く買える

飛行機を利用するときに格安で利用するのであれば、LCCを利用するのが良いでしょう。一般の航空会社に比べると、サービスはかなり削減されます。座席が自由に選べなかったり、荷物の制限がかかることがあります。その代り、通常の半額以下で利用できることもあります。鉄道などと同じように考えるとかなり安く利用することができます。ほとんどの会社がインターネットを通じて予約をすることになり、スマホからでも容易に利用できます。

インターネットで比較をして購入する

近年ではスマホでサクッと買って荷物を準備すればどこへでも行けます。飛行機の航空券は、定価があってないようなものといえるかもしれません。一応決まってはいますが、常にその価格で利用できるわけではなく、高くなるときも安くなるときもあります。インターネットで検索をすることで、今その航路を利用するときに最も安くなるところを検索し、その情報を元に予約をするとよいかもしれません。LCCが最も安くなることもあります。しかしそれだけでなく一般の航空会社の方が安くなるケースもあります。日によって、航路によって異なります。

株主優待券を利用できるサービスを使う

旅行をする上では関心が低いので気にしないようですが、大手航空会社は株式上場しています。その株式を購入すると、株主優待券がもらえ、おとくな形で安くつかえるが、あまり聞きなれない方法でしょうがお得な旅のひとつです。ただし、株主になるには一定の株式を持っていなければいけません。これは興味関心がないと高い壁として脅威になるのが、インターネットから利用できるサービスに、優待券を利用することで格安に利用できるところがあります。大手航空会社の航空券を通常よりも安く利用できます。あればかなり得になります。旅に行くことが多い場合はこれをきっかけにはじめるのもいいかもしれません。

旅行会社が提供するチケットを利用する

航空券は、個人が購入することもあれば、旅行 会社がまとめて購入している場合も。ツアー用として購入することがあるようですが、それが余ったりすれば売却する必要があります。インターネットから旅行会社のサイトに行くことで、その航空券を安くみつけて購入できる場合があります。路線は限られ、日にちなども限られることがありますが、うまく見つけることができるとお得に利用することができます。人気路線などで利用が可能です。こういう仕組みがわかっているだけで旅に広がりがでるでしょう。

割引がされる時期を利用して安く購入

航空券を販売する会社では、それぞれで安くなる時期企画で行っている場合があります。一般の航空会社、LCC、旅行会社がそれぞれ定期的、不定期に行うことがあります。不定期の場合は、INTERNETでcheckをしていると、見つけてできる。通常よりも格安に利用することができます。不定期の場合は、狙って利用可能。利用できると考えている人は、定期的にホームページを見ておくと良いでしょう。早期割引もあります。

飛行機チケットを格安購入できる予約サイトを使うときの注意点

格安航空券は飛行機の問題

国内外で旅にでると現地で欲しいモノや食べたいモノが多く使うお金はあればあるほど助かるでしょう。とくに海外旅行はなるべく移動費を抑えたいので安い航空券になるでしょう。安いのには理由があります。それはこのやすいチケットはツアー用であることから安くなっていますので、出発するときの日程そして帰るときの日程も変更することができないことを知っておかないといけません。仕事など何か用事ができてしまって変更がしたいとしてもできないことが多いので気をつけなくてはなりません。

安い航空券は割引の変動が激しい

格安航空券で驚くべきところは90パーセント割引ということもあります。国内旅行でも人気のリゾート地へ行くのに数千円でいけるようなこともあったりすることで人気です。しかしながら安い航空券は割引率の変動の差が激しいといわれていますので、90パーセントのときもあれば50パーセント割引とあまり割引になっていない時期というのがあります。つまりいくら安い航空券でも飛行機が混雑するシーズンには安くならないことが多いわけです。

マイルが貯まらないことを知る

飛行機を使った旅行にはサービスもいろいろなものがあります。たとえば最近話題になっている格安航空券の場合には一般的な航空券のようにマイルが貯まるサービスが少ないということです。その旅だけ安く抑えればいい場合はいいでしょうが定期的に飛行機を利用するかたはこのことを理解していたほうがいいでしょう。もともと航空券が割引でかなり安くなっているサービスになるので、アフターサービスというのはほとんどないといっていいと考えて予約をすることが大事であり安いことがこの航空券の魅力と考えるべきです。

旅行代理店用の航空券

安く飛行機に乗ることができる航空券というのは旅行代理店向けのものになるので、商品などでいうところの訳ありといった理由からきている航空券ということでもあります。一般的な航空券よりもいくつかの悪い点というのもあります。インターネットの安い航空券のサイトから予約をする際には最初にデメリットを把握しておくことが大事になります。費用の安さだけで予約をしてしまうとお金を無駄にしてしまうことになるので注意すべきです。

乗り遅れたときの対応のこと

格安航空券をインターネットで予約をするときに注意するべき点に飛行機に乗り遅れたときのことがあり、安い航空券でも最近は渋滞などで乗り遅があるばあいにも次の飛行機の便に乗れる対応をしてくれることもありますがない場合もあります。次の便に乗れない場合にはまた新しい航空券をてにいれれることになります。日本の正確な時間での運航に慣れていると想像しにくいでしょうが、これは海外だとわりとあるので予約をするときには乗り遅れのことも調べておくことが必要です。

飛行機チケットを購入できる予約サイトの長所とは

少しでも安く旅行に行きたい

日常生活で感じたストレスを発散される方法は人それぞれです。美味しい物を食べて発散させる人もいれば、友人らと語りあって過ごす方もいます。しかし特にお勧めしたいのが海外旅行です。というのも、海外旅行では日本で体験することの出来ない体験が出来るからです。日本とは違った環境に身を置くことで、新たに見えてくることもあります。だからこそ、日常生活で感じたストレスは旅行を通して発散させましょう。そのためにも格安航空券探しは非常に大切です。

どうやって少しでも安い航空券を探すのか

さて、少しでも安い航空券を探すためにはどのように探したら良いのでしょうか。ポイントは、インターネットです。というのもインターネットを活用することで、いつでもどこでも格安航空券を探すことが出来るからです。インターネット上には多くの航空券検索サイトがあります。これらのサイトを上手に活用することで、圧倒的に安い航空券を探すことが出来ます。少しでも安い航空券を探し出し、旅先で浮いた分のお金を使いましょう。

予約サイトを利用する長所は

さて、インターネット上に多くある飛行機の格安航空券検索サイトですが、これらのサイトを利用する長所は何なのでしょうか。ポイントは、様々な会社が発売している航空券の中で、最も安い物を自動的に選別してくれるサイトがあるからです。このサイトを活用することで、底値の航空券を探し出すことが出来、また購入することが出来ます。ピーク時でさえも圧倒的に安い航空券を探し出すことが出来るので、誰でも気軽に旅行に行くことが出来ます。

それ以外にもある長所

その他にも、飛行機の格安航空券予約サイトを利用するといつでも空いた時間に簡単に航空券の検索が可能です。毎日仕事で忙しく、中々航空券を予約する時間がない方でも、誰でも簡単に航空券を購入することが可能です。また近年はインターネット上で決算が可能です。銀行振込以外にもクレジットカード一枚持っていれば自宅でも航空券の購入が可能です。だからこそ、航空券予約サイトを利用し、お得な航空券を探し出し購入しましょう。

ストレスを旅行で発散

航空券予約サイトを通じて予約した、格安航空券を利用して少しでもお得に旅行に出かけましょう。そうすることで、日常生活で感じたストレスなどを忘れ、思う存分楽しむことが出来ます。飛行機を利用し、海外に出向き、日本で感じることの出来ない体験を通して人間としても更なる成長を遂げましょう。海外旅行は単なる遊びではありません。人生は常に学びです。だからこそ、積極的に海外旅行に出向き、人間としての価値を大きく高めましょう。

航空券を格安で購入できる予約サイトの選び方

飛行機チケットを安くGETしよう

チケットを予約するときに、さまざまな方法があります。頻繁に飛行機を利用する方なら、マイルを貯めて無料や格安でチケットを取得することができます。飛行機をよく使う方は、同じ航空会社を使うようにすることでより多くのマイルを獲得できることができるので、いろんな航空会社を利用するよりかは、ひとつに絞ることが賢い方法です。またマイルを貯めるために会員登録をする必要がありますが、こちらも会員限定の割引サービスなどもあります。

たまに利用する場合はサイトで

頻繁には利用しないが、たまに使う場合では、インターネットを利用して格安サイトで買い求めるのが安く手に入る方法となります。予定日から逆算して、40日前割引・30日割引などというように早めの予約で安く購入することができます。ただ、券はどこのサイトよりも安いが手数料が高いという場合もあるのでよく比較しながら買うようにすれば損はしないです。格安サイトのチケット金額を一斉検索する便利なサイトもあります。

当日や前日にチケット購入するのもねらい目

急な仕事や出張でとらなければいけなくなった場合は、前日割引や当日割引がある航空会社を探してチケットを購入する方法があります。多くの方を乗せる方が、航空会社にとっても利益になるため、かなり格安の金額でチケット購入ができる場合もあります。しかし、チケットが手に入らないという事もあるので、乗車率を見ながら、フライト時間を決めることが必要となります。空港のカウンターで直接買う事も可能です。

株主優待券利用でチケットが半額になります

株主優待チケットとして、金券ショップにもよく出回っているのが、株主優待券です。どんなチケットでも原価の半額になる魔法のような券です。金券ショップでは5枚組2万円ほどで買い求めることができます。2万円を払ってでも、安くチケットがとれるのであればそれを使う方が賢いです。海外に行く場合の航空券は高いので、そんな時に利用するととてもお得に航空券が手に入ります。年末年始などのピーク時には使用不可となる場合もあるのであらかじめ調べておくべきです。

長距離・近距離でチケット取得方法を変える

長い距離になれば、航空券の料金も上がってきます。国内線では地方などのフライト便が少なければ金額が高くなります。行く場所・距離を計算しながら、どの方法でチケットを買えばよりお得になるのかをじっくり見定める必要があります。ただ、現状ではインターネットでさくっと検索ができる時代なので、そこまで労力は使わなくて済みます。LCCなども多く飛ぶようになっているので、うまく利用することで通常の片道代金で往復飛べるということもあります。

格安航空券を利用して里帰りした話

関東へ出て来て2年が経ち、子供達も大きくなってきました。そこで子供達の夏休みを利用してインターネットより格安飛行機の航空券を予約しました。予約して、良かったことともっとこうすれば良かったと思うことがありました。

ジェットスターのセールを利用する

就職のため長崎から関東へ出て来て2年が経ちました。子供達も大きくなり、1年目に里帰りが出来なかったため、2年目の子供達の夏休み期間を利用して長崎へ里帰りすることとしました。しかしながら、妻と子供2人、合計4人では往復で10万円を超える飛行機がほとんどで、なかなか予算内に抑えることが出来ませんでした。
そこで、格安飛行機も含めて検討することとしました。格安飛行機で航空券を見積もっていると、ちょうどジェットスターが限定セールをやっており、希望の日程がまだ残っていたために早速ネットより航空券の予約を行いました。
航空券のチケットは簡単に予約することができ、おかげさまで予算内にて里帰りを行うことが出来ました。

ジェットスターを利用してみて

さて、ジェットスターを利用して思ったことは、普通の飛行機とほとんど変わらない手続きと乗り心地だったということです。チケットの手配は空港で機械にて簡単に行うことが出来ましたし、乗り心地も座席間は少し狭い様ですが一般の飛行機となんら変わりがなかった様に感じます。また、機内サービスもドリンク等はなかったものの最低限のものはしっかり出来ていました。
セール便だったため朝早くの便で行き、夜遅くの便で帰ることは仕方がない部分と思いました。
その他に、お客が飛行機に乗り切れなかったのか、後発便でも大丈夫な人を募っており希望者は現金の還元があるようでした。
実家へ行く時間が決まっていなければ後発便でも良かったのですが、予定が詰まっていたため泣く泣く諦めました。

利用してみた成功点と失敗点

ジェットスターは事前にシステムを知っておかないと失敗することもあります。
1つ目が荷物を預けることが一般の飛行機よりも高額な点です。インターネットから航空券を予定する際に事前に預ける荷物について予約しても高額な費用がかかりますし、予約せずに当日預けるとさらに高額な費用となってしまいます。今回は宅配便にて事前に荷物を送ることが出来たためこの点は成功して良かったと思います。

2つ目が欠便の際の補償についてです。欠便の際、他社への振替は出来ず、返金等の補償を受けたい場合別途費用がかかる場合があります。今回の里帰りでは、台風接近のため欠便の可能性がありました。しかしながら、費用がかかるということで補償を付けていませんでした。その点が失敗したと思いました。
全体的に見れば以上の点を差し引いても、充分に満足できた里帰りだったと言え、今後の里帰りにも使用したいと思いました。

ヨーロッパの移動に便利な格安航空会社

ヨーロッパの移動に便利な格安航空会社

日本からは直行便が出ていない、ヨーロッパの名所に飛行機でヴァカンスへ行きたい方に便利な格安の航空会社を2社紹介します。両社とも私が実際にしょっちゅうお世話に
なっている会社です。航空券が格安な分、気を付けた方がいい点もいくつかあるので順を追って紹介していきます。

値段で選ぶならライアンエアー

早めに予約すれば驚きの格安で航空券が取れるのがライアンエアー(Ryanair) です。例えば、仏の空港からイタリア、ピサの空港までの飛行機が1席20ユーロ程で予約可能です。
気を付けなければならない点は、ヨーロッパに国籍をおいていない人、つまり日本からの観光客はゲートに入る前にパスポートチェックを受けなければならないので、航空券はスマホなどに保存するのではなくプリントアウトして持参する必要があります。
忘れてしまった場合には空港のカウンターで印刷してもらえますが、別途手数料がかかるので注意が必要です。空港によってパスポートチェックの場所は異なります。専用の窓口が設置されている場合や、荷物預入のカウンターで「ビザ・チェック」という表記があればそちらでできます。

乗り換えの便利なイージージェット

ライアンエアーより若干航空券の値段は高くなりますが、日本からの便との接続に便利なのはイージージェットです。ヨーロッパ各地の都市の主要空港から発着しているので乗り換えがスムーズに運びます。例えばイタリアのミラノではMalpensa Airportでの発着になるので、日本からの直行便がターミナル1に着き、ターミナル2からイージージェットで目的地まで飛ぶことが出来ます。シーズンにも左右されますが、早めに予約した場合、例えばルクセンブルクからミラノまでの片道航空券が20ユーロ程度で購入できます。基本のシステムはライアンエアーとほぼ同じですが、イージージェットのフライトでは事前にパスポートチェックを受ける必要がありません。

両社ともに気を付けたいポイント

まずは予約をする時期です。両社とも、早ければ早いほど安い航空券が見つかるので、旅程が決まったらすぐに予約をしましょう。同じ便でも1か月前にチェックしたときは20ユーロだったのに、出発1週間前には90ユーロになっていたなんていうことも頻繁にあります。
航空券の予約の際には預け入れの荷物の予約も同時に申し込みましょう。小さなトランクとハンドバッグ等までは機内持ち込みできるので無料ですが、それ以上の荷物は預け入れになり、料金がかかります。その料金を航空券の予約時に同時に決算しておくと、当日空港で支払うよりずっと安くなります。2つの航空会社を上手に使いわければ、ヨーロッパを低予算で効率よく満喫できます。

利用してみてわかった本当に格安の航空券の手に入れ方

利用してみてわかった本当に格安の航空券の手に入れ方

飛行機で旅行に行こうというときに格安で航空券をとるにはできるだけ早く予約するに越したことはないと考えていつもそうしていました。しかし、もっと安く利用する方法があると気づいたのはスキー旅行に行ったときのことです。

スキー旅行で選んだツアー

国内でも国外でも交通の便が少し悪いとすぐに飛行機で旅行するのを選んでいましたが、そのときに格安にしようと三ヶ月前から情報を集めて必ず割引価格の航空券を購入していました。これこそが格安と考えて信じていたものの、実際にはそれ以上に安くする方法があるとわかったのがスキー旅行計画を立てたときのことです。リフト券の料金を団体割引できるという事実を知っていたのでスキーツアーを選んだのですが、そのときに航空券の料金も割引になっているという計算になって驚きました。LCCで行く格安ツアーを利用したので泊まる代などからしわ寄せで安上がりにできているのかとも考えたのですが、この方が安くできると本当にわかったのは別の機会にも利用してみたからです。

パッケージツアーでも格安

スキーツアーに行ってみて飛行機旅行が安くできるという印象を受けたので、別の機会に国内旅行の予約にツアーを比較してみました。格安航空券を早期に手に入れたときの価格にホテル代を足してみたものと、ホテルと航空券だけのツアーでの価格比較をしてみたところ、確実に安くなっているとわかったのです。ホテルに満足できるものがあるならツアーを利用するのが一番良いというのがこの時に出た結論でした。それ以来、旅行を手配するときにはまずはツアーを見てみてからきめます。地域によっては陸路で行くよりも速くて安いというメリットが生じることもわかり、新幹線でのアクセスが良くても一度は飛行機旅行を検討すると良いでしょう。

ツアーには多少の制限があるのには注意

ツアーをできるだけ選んで格安で飛行機旅行をするようにしていますが、ときどき選ばないこともあります。ツアーの内容によっては現地で自由行動がしづらかったり、選べるフライトが限られていて期待している時間に出発できなかったりすることがあるからです。予約のキャンセルができないこともしばしばありますが、詳細はツアーによって大差がでる。格安な代わりにある程度の制限は受けなければならないのには注意しましょう。その制限が気にかかってしまったときには、常套手段のようにできるだけ早めに航空券を予約して、ホテルはまた別に手配しています。状況に応じてこの二つを使い分けるようにすると、いつも格安で飛行機旅行に行けるでしょう。

海外とは異なる国内の航空券を安くする方法

海外とは異なる国内の航空券を安くする方法

海外旅行では飛行機を利用せざるを得ないものの、基本的には高いから国内では利用しないという考えを持っていました。しかし、格安航空券が登場したことで国内旅行でも利用してみようと考えて、探してみることにしました。

海外航空券とは違う探し方が必要

飛行機で海外旅行に行くときには価格が大きく変動するので安いタイミングを狙って買うのにいつも苦労していました。経験からタイミングとして適しているのがおよそ二ヶ月前というのがわかっていましたが、同じことが国内の航空券では適用できないとわかったのが探し始めてみてからでした。出発予定をしていた日の三ヶ月ほど前から価格の変動を見ていたところ、格安航空券では海外の場合と同じで需要による価格変動をしていることは見て取れました。しかし、個々の航空会社のサービスを見てみると早めに購入すると割引が適用されたり、一週間雨くらいになって叩き売りが行われたりしているという事実があったのです。そのため、探し方を変えなければならないと感じました。

事前に確定したLCCの航空券

そのときの結論として出てきたのがLCCの航空券を割引率が高いうちに取得してしまうという方法でした。シーズンとしては比較的旅行客が多いだろうと予想される初夏の時期だったので、早く取ってしまわないとなくなる可能性が高かったからです。需要が伸びればそれだけ高くなるリスクもあったので即時に購入が最適という判断でした。そのLCCでは直前割引をしていることがなさそうだったのも理由です。たとえもう少し割引があったとしても、他の航空会社ではさらに格安になるとは期待しづらい状況がありました。この結論は正しく、一週間前頃に調べても同じ日のフライトが登場することすらなかったのでほぼ最安値での旅行を実現できたのです。

LCCは工夫をすれば快適

LCCを利用するのは初めてだったので格安だからこそサービスが悪いのではないかと懸念してしました。しかし、基本的には高いクオリティーのサービスをしてくれたので大手航空会社に比べても遜色はなかったと思います。ただ、座席指定ができなかったり、機内での飲み物のサービスがなかったり、荷物を預けるには料金が必要だったりするのは事実でした。しかし、座席を気にしなければそれでよく、自分で飲み物を買って持ち込んでしまい、荷物はコンパクトにまとめてしまえば何も問題はありませんでした。格安さを求めているからには多少の不便を覚悟しなければならないという立場で見てみると、簡単な工夫だけで対処できるのでメリットの大きい選択だと感じています。

韓国行きでは最安値の海外レンタルwifi手配

最安値のwifiで十分な韓国滞在

海外レンタルwifiを持って海外旅行に行くのが私にとっては常になっています。ただ、渡航先によって契約をよく変えて快適に過ごせるようにしてきました。韓国に行くときにはかならず最安値を探して借りています。

韓国の事情とwifiの必要性

海外旅行ではwifiが利用できないと情報が閉ざされてしまって心配になります。用意していくのはそれが理由ですが、地域によっては頻繁に使用するのに対して、場合によっては持っていっただけで殆ど使わない場合もあるのが実情です。もともとあまりネットを利用しないので基本は最安値の海外レンタルwifiを利用していますが、現地の事情によって少しグレードが高い契約をする場合もあります。韓国に行くときには基本的には最安値を選べば十分というのが私の理解です。韓国では公共のwifiが広まっているので、それほど海外レンタルwifiがなければならないという状況に陥らずに済むようになっています。

公共のwifiがあっても必要な自前のwifi

韓国ではホテルや喫茶店、ショッピングセンターなどで公共のwifiが利用できることがよくあります。会員登録が必要な場合もありますが、名前や国籍などの簡単な情報を入力するだけで利用できるので困ったときにはすぐにでもwifi環境を見つけられるでしょう。しかし、最安値の海外レンタルwifiを持っていくのを欠かさないのは、場所によってwifiを利用できる場所を見つけにくいからです。主要な駅の周辺や市場、商店街などを離れてしまうと途端にwifiから切り離されてしまいます。そのような場所で迷ってしまうリスクが高いからこそ、いつもお守りのようにして海外レンタルwifiを持参して韓国を訪れるようにしているのです。

最安値で借りるのに適した比較サイト

韓国で使用できる海外レンタルwifiを最安値で借りるためには比較できるサイトが便利です。韓国での使用を前提にして検索をかけた上で価格順に並びかえればほぼ確実に最安値で借りられる会社がわかります。大切なのは早めに検索をしておくことです。会社によっては一ヶ月前程度であれば早期割引ができるので、そのお陰で最安になることがあります。韓国旅行は人気があるので空港で借りることもできますが、予約しておくと割引が適用できることがほとんどです。数日前であっても予約は可能なので、たとえ早期割引ができる期間が過ぎてしまったとしても比較サイトで検索をして安い会社を選んで予約しておくと良いでしょう。私はよく前日予約すら可能な会社を利用しています。